幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

贅沢な濃密な時間の使い方

先日、大好きな出口治明氏の講演会に初めて行きました。

 

こういった講演会に行ったことがなかったので、どきどきしましたが、あっという間に話に引き込まれて夢中になってしまいました。

 

メモも見ずに、楽しい話をするかのようにすらすらと話されていました。こんな歴史の授業だったら、成績はさぞかし良くなると思います。

 

www.kinokuniya.co.jp

 

氏が学長をされているAPUの説明が10分ほどあり、後は歴史の深い話。

以下、印象に残ったのもの。

 江戸初期の日本のGDPは、世界全体の4%と、現在とほぼ同じくらいあったが、江戸末期には、鎖国のため2%まで落ち込んだ。

 日本人はDNAからすると、中国人や韓国人よりも多民族の要素が多い。

 日本には特産物がなかった(例外、石見銀山)ので、比較的平和だった。

 中国に対抗するため、真似をした。都(平安京平城京)、日本書紀

 米国南北戦争は、北(保護貿易)、対 南(自由貿易)の戦いだった。

 

 

来月大阪で開催されるAPU説明会に参加するつもりです。APUに子供が行ってくれたらいいのに。

 

また機会があればぜひ行きたいなあ。