幸せなことだけをして生きていきたい

スポーツ観戦、読んだ本、働き方、なんかについて発信してます。

物語の破壊的効果

最近、物語の重要性を感じたことが立て続けに起こったので、記録として残しておきます。

 

説得したいときは、ストーリーを語るとよい。

というのは、頭ではわかっているのですが、なかなか難しいです。

 

歴史的に見れば、むちゃくちゃ重要であるのは明らかですね。

 

まずいつも読んでいる弁護士の荘司雅彦さんのブログ。

説得しようとすると、相手はまず反論を考えてしまうが、ストーリーを語るとこちらに感情移入するという話。

ameblo.jp

 

次はNHK高校講座世界史から

NHK高校講座 | 世界史 | 第29回 ラテンアメリカ諸国の独立

スペインの植民地であったメキシコは原住民、アフリカ移民、スペイン人、そしてその混血で多種多様な民族であったため、アイデンティティー統一のため先住民文化を新アステカ主義として使った。

 

もひとつ

NHK高校講座 | 世界史 | 第27回 19世紀ヨーロッパと国民国家

それまでバラバラだったドイツは、アイデンティティー統一のためグリム童話がつくられた。

 

この本にまとめて書いてありました。

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

 

 大好きな村上春樹さんも、ストーリーの重要性をよく話しています。