幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

困ったら困ったときのことだ。

昨日、不調だと嘆いていたのですが、夕方の追い込みと周囲の協力でなんとか乗り切ることができ、一晩経ってみると何事もなかったかのように一日が始まっています。

 

ラソンの練習計画なんて考えたりしてます。自分に呆れてしまいますね。

 

不調のときは、もう消えてなくなりたい。なんてよく(一日に50回位)思っているのですが、こうしてみると、生きていてよかったなと思います。

 

昨晩はサッカー日本代表の痛快な試合も見れましたし。
香川選手、よかったな。外したときは大声をあげてしまったけど。

 

いつも思うのですが、本当に追い込まれたときは、誰彼とはなく、どこからか助けてくれる人が出てきて、なんとかなるものですね。みんなありがとう。本当に。

 

その時のために、あまりに打算的ですが、周囲の人々に感謝しながら助け合いながら頑張っていこうと思った一日でした。