幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

心の健康を保つために始めたこと

現在の直属の部下はコミュニケーション能力がやや乏しいです。物静かなタイプで、こつこつ自分でやるのが得意なようです。能力は高いですし、こちらが言ったことは、真面目にやる。など、良いところもたくさんあります。

 

しかしコミュニケーション能力が乏しいがゆえに、よく周りと衝突を起こしています。以前の私であれば、もっとコミュニケーションを取るよう、小さな問題が起こった時点で、すぐに注意していたと思うのですが、今回は静観しています。

 

よく問題の報告が上がってきますが、「そうなんだ。それは大変だな。」などと軽く流しています。周囲からは、私は鈍感な上司だと思われているかもしれません。

 

 

コミュニケーション能力が乏しいのを最も痛感しているのは、おそらく本人でしょう。本人もなんとかしたいとも思っているようです。私が少し注意したくらいで物事が好転しそうな気がしません。

 

以前の私は、間違っていることを、いち早く正すという使命に追われていました。しかし正そうとしても正せないことがほとんどですし、この世の中、正しい・間違いが全てではないですよね。私も大人になったものです。

 

問題が大きくなり、周りが耐えきれなくなるか、それとも本人が助けを求めに来るかまでは何もしないことに決めています。

 

最近は、こうやって人の課題と自分の課題を切り離すことで、積極的に自分の心の健康を保っています。アドラーの教えですね。

 

今朝も某所で問題が起こりましたが、私ができることは限られています。善処はしますが、所詮、私の課題ではありません。無駄に共感力をつけてしまい、我が事のように感じてしまい、自分の心を痛めつけてもいいことは一つもありません。

 

うまく生きていきたいと思います。