幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

嘘の多い人生

尊敬する香保子ママが、私のために答えてくれているかのようなVoicyだったので、聴いて考えたことを書いてみます。そして得意の禁煙セラピー方式です。

 

そもそも私の人生は嘘の多い人生です。つまらない嘘をつくことで、自分が追い込まれて苦しい思いをすることも多々ありました。こんなことなら嘘をつかなかったら良かった。と何度も思いながら、その場のノリで、必要もない嘘をついてしまいがちです。
 
嘘はある程度バレているので、周りの、信頼を失っていると思います。ありのままの自分を出せないというのは、ありのままの自分を自分で愛していない、軽んじている。ということなのでしょう。
 
そして嘘は拡大サイクルになり、取り返しのないことになります。世の中の不祥事の多くが、嘘の上塗りの失敗であることからもよくわかります。
 
香保子ママのアドバイスは、
どうして嘘をついてしまったのかを考える。そして打ち明ける。正しい生き方にしていく。
ということでした。
 
私の場合は、イケてなかったい学生時代の話を、さもイケてたかのように話すというのが癖です。自分でもそうだったと思い込んでるほどです。どうして嘘をついてしまうのでしょうか?おそらく、イケていなかった自分が恥ずかしいと思っているからなのでしょう。よく考えたら、そんな昔の話は誰も気にしないですし、かえってイケてなかったほうが、今とのギャップがあって面白いかもしれません。
 
これならできそうな気がします。できることから始めてみようと思います。今日は嘘を付きませんでした。やめられそうな気がしてきました。
 
嘘を止めることで、すがすがしく自由な人生を生きてい、ビクビクしなくてよいそうです。いいかもしれません。