幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

スランプが終わる兆候

全くなくなっていた「やる気」がうっすら出てきた。気がします。

 

このところ、やや難解な紙の本が読めないなと困っていたんですけど、おそらくスランプの真っ只中だったからなんでしょう。いつもならすいすい読み進められるのに、おかしいなあと思ってました。何度も試したんですが、少しも進まないのです。

 

効率悪いのでちょっと諦めてました。簡単な本を読み上げ機能で読むことはできていました。

 

他にもいくつか兆候がありました。

 駐車場を変えたのに、前のところに置いた。
 会議中に、なぜかスマホを触って、Voicyを再生してしまった。
 会議室に行こうとして食堂に着いた。

 

仕事もやってはいるのですが、調子が悪いです。昨日は仕事をしているふりをして身の回りの断捨離をしていました。

 

こんな適応障害的な症状の時は、完全休息が基本のようです。

 

私の場合は、自覚できてないことが多いので、ついついいろいろ手を出してしまいます。読書もそうですし、運動や音楽鑑賞もやり続けていました。おかげで回復が遅れてしまいました。

 

これからは少し調子が悪くなったらすぐに強制休息に入ろうと思います。趣味とかは全くしないようにします。

 

今日、3日ぶりに難解な紙の本を読んでみると、すいすい読めるようになっていました。回復の兆しなんでしょうね。

 

断捨離は良かったかもしれません。気分も良くなりました。