幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

もしあなたがプロ野球選手でFA資格を得たとしたらどうする?

プロ野球選手のフリーエージェントの季節です。

今年は有力な選手が多いので、去就が非常に楽しみですね。

また今年は巨人が積極的に動いているようなので、なおさら面白くなっています。

私は巨人ファンではありませんが。

 

さてFA宣言した選手の理由のほとんどは、自分の評価を他球団にも聞きたい。ということです。

これはかっこつけでもなく、本音だろうと思います。

 

かつてソフトバンクに在籍したエース、杉内投手は、球団から評価されていないとの通達があり、FA宣言し巨人に移籍し活躍しました。必要以上に低評価だった場合は、選手としては再評価してほいいのが本音だろうと思います。

 

さて

もしあなたがプロ野球選手でFA資格を得たとしたらどうする?

 

ここで二人の好対照の選手をあげてみたいと思います。

一人は千葉ロッテフランチャイズ・プレーヤー(入団してからずっと同じ球団にいる選手)、福浦選手です。

彼はFA資格がありながら、行使せずに、残留しました。高い給料を捨てロッテを取ったのです。

このため球団もファンも彼に一層思い入れが強くなりました。

通常であれば引退してもおかしくない成績と年齢なのですが、生きながらえ、今年、ついに2000本安打を達成しました。

打率も芳しくなかったのですが、ロッテは下位に低迷しており、ファンの興味もロッテの勝利より福浦選手の2000本達成のほうに移っていました。

これで名球会入りです。しかも来年もプレーするというのです。

これは僥倖ですね。

 

二人目は、横浜からFA宣言で巨人に移籍した村田選手です。

私は村田選手のファンなので、かなり見方が偏るのをお許しください。

彼は、当時、弱小だった横浜では満足できず、強い巨人に移籍しました。そして願い通り巨人で活躍、優勝までしています。

巨人は移籍してきた選手に対しては厳しい球団です。清原選手、落合選手、小笠原選手など、歴代の名選手であっても退団時は気持ちのいいものではありませんでした。

村田選手の場合も、ベストナインという成績であったにも関わらず、自由契約となりました。しかもあと少しで2000本安打という時にです。

しかし、そこそこ安い給料でベストナイン選手が取れるという好条件にも関わらず、どの球団も村田選手と契約しませんでした。

理由は、入団した場合、2000本安打までは使い続けないといけなくなる。そして大物選手の移籍は意外とデメリットがあることに各球団が気が付き始めた時でした。

村田選手は2000本を十分達成できる実力を持ちながら、達成できませんでした。

 

この二人のことを考えると、

福浦選手のように宣言しないで残留するほうが幸せかもしれません。

会社に媚を売っている冴えないサラリーマンみたいで嫌ですけど。

 

そもそもFAという制度は、選手たちが勝ち取ってきた権利です。少しでもその気があるのなら、今後のためにも宣言し、より好条件のところへ移籍すべきです。

 

かつてMLBでの好条件を蹴り、広島に戻った黒田投手は、このことでアメリカで批判されました。

 

より必要としてくれるところで働いてみたいという気持ちは理解できます。

 

西武の浅村選手、広島の丸選手は、残留してほしいです。彼らは現球団のほうが輝けるのではないでしょうか。オリックスの西投手、西武の炭谷選手はFAしてほしいですね。