幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

会社で自分の評価をされました。 まあまあでした。

管理職多面評価っていうのが来ました。

 

要するに会社で偉いさんから自分がどう見られているかという評価です。

こうやって数値で自分を評価されるってなかなかない経験ですね。

これが世の中の流れというものなんでしょう。

 

0点が標準。1点:できる。2点:よくできる。-1点:問題  という評価軸で、

 

私の総合評価は0.8点でした。

 

まあまあといったところでしょうか。

 

個別に見ていくと接遇・応対が最高点の1.6点でした。

礼儀正しいということでしょうか。すぐ人を馬鹿にしますし、そんなこともないと思うのですが。

 

逆に最低の0.3点はメンバーシップと経営参画意識でした。

会社なんて潰れてしまえと思っているのでしょうがないですね。

 

意外と当たらずとも遠からずです。

 

でも、

評価者が偉いさんなので、何だか腹立たしくもあります。きっと彼らも評価されているのでしょうが、こんなことやっている暇あったら他にやることがあるだろうとついつい思ってしまします。

 

それに、きちんと評価されているようで、ほんとに見てるの?って気がしないでもないです。

 

 

これで自分の行動が変わるわけではないのですが、社会を経験するという意味では、いろいろ考えられたので、思ったよりいい体験だったのかもしれません。