幸せなことだけをして生きていきたい

考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

データ重視しなくて何を重視するの?まじで。

私の予想通り、阪神タイガーズが少し元気になってきました。反対に広島、DeNAは一時の勢いはありません。

予想の根拠は、データです。毎年、後半戦は救援陣が優れているチームが強い。これって誰でも手に入れるデータですが、意外と誰も調べていないのですよね。こういうところを喝おじさんとか、監督があほやから辞めた人とかもきちんと調べてほしいと思います。


先日、TVで、阪神タイガースは雨中止の翌日、サヨナラ勝ちっていうデータを出していましたが、これはデータではありません。科学を馬鹿にしています。


さて先日の僕らの時代で上原浩治元投手が出演していました。そこで驚いたことがあります。上原投手は球数制限に反対なんだそうです。元メジャーリーガーです。メジャーでは厳しく球数制限されています。


どうして球数制限が必要なのかは。全くの確率論です。 球数を多く投げた投手が潰れることが多いからです。もちろん球数を多く投げても、潰れない投手はいます。けどすんなり考えても投げすぎってよくないですよね。沖水の大野投手は言わずもがなですが、日ハム斎藤投手、吉田投手、など。松坂投手は投げすぎましたけど、活躍しました。投げすぎなかったらどうなっていただろうと思います。


私の仕事の世界でも確率論が多く使われています。こうしたほうが商品が売れるとか、この仕事は無駄だとか、時間短縮になるとか、です。そうして世界が進歩しています。

近ごろの若いやつは。。。とレジェンドはこの手の新しい手法を馬鹿にしていますが、結果がすべての世界では、データが「俺はこう思う。」をある程度、上回っている以上、データ重視にならざるを得ません。