幸せなことだけをして生きていきたい

考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

書くことの大切さ。 自分の気持ちがわかって来るんだなあ。

昨日の記事を読み返して、なんであんな説教臭い感じになっていたのかなと考えてみました。

yoshimor.hatenadiary.jp

 

私がブログを再開しようと思ったことの一つに、自分のように馬鹿な回り道をせずに、失敗はどんどんして、それをクヨクヨせずにショートカットしていけばいいんだよ。ということを伝えたいんだな。ということに気がつきました。

 

一方で、自分と同じように、失敗を糧にできなくて、失敗を悪いことだ。と感じてしまっている人が多いように思います。


でもよくよく考えてみると、今の自分があるということは、あの失敗を乗り越えて、それを糧にしているということなんですよね。あの失敗がなければ、もっとひどいことになっていたかもしれません。



こうやって書いているうちに、自分の中の気持ちに、どんどん気がついてきます。


そうです。このブログは、12歳の時の自分に伝えたいことを書こうと思ったから始めたんです。

 

ブログを書くということは、こういうことなんだなと、改めて気がつくことが多いですね。
肩の力を抜いて、続けていければいいなと思います。