幸せなことだけをして生きていきたい

考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

年を取るのは、素敵なこと ?

先日、私のインプットの半分は本だという話をしたんですが、残り半分はTVです。

 

yoshimor.hatenadiary.jp


えーーっつ。いまどきー?!さすがオジサン。

 

いやいや。実は今だにTVは良質のコンテンツですよ。ほんとに。

 

特にNHK

 

私には受信料払わないなんて考えられないほど、よく観ています。
(受信料賛成なわけではありません。念の為)

 

今年の正月に放映されていた「2000年を生きる 塩野七生と高校生の対話」というNHKの番組がありました。

www.tvu.co.jp

NHKアーカイブにも残ってないようで残念です。

 

塩野さんの本は読んだことあるのですが、ご本人はどんな人なのかは知りませんでした。

 

塩野さんはイタリア在住なんですが、わざわざ母校、学習院高校まで行って高校生と対話をされました。

 

80歳にして頭脳明晰。鋭い。すごく魅力的な女性でした。

 

どうしたらこんなふうに年を取れるのだろう?

 

しなやかなみずみずしい感性を80歳まで持ち続けるにはどうしたらいいんでしょうか?

塩野さんは探究心があって、好奇心があって、本をよく読んでいて、毎日、空想しているそうです。


ほらやっぱ読書は大切なんだ。それと一人の時間。

yoshimor.hatenadiary.jp

 

ほかに

「挫折を経験すると人は考えるようになる。」

と話されていました。

 

塩野さんは東大に落ちたので、そこから考えたそうです。


客観と主観。狂信的と非狂信的。そんな会話を高校生たちとしていました。

 

私が高校生のころは、女の子とロックのことしか考えてなかったけどな。
こんな話しできるとは、さすが学習院の高校生。すげー。