幸せなことだけをして生きていきたい

考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

ワーママはる @wa_mamaharu さんの も一つの名回答

ワーママはる @wa_mamaharu さんの も一つの名回答です。

この放送会の最後のパート、終わりの挨拶とコメント返しです。

 

voicy.jp

yoshimor.hatenadiary.jp

 

私は、元々皮肉屋で、性格が悪くて、革命ラバーズで、世の中に対して斜に構えていますので、いわゆる立派な大人を馬鹿にしています。

 

なので「子供の前で、先生や親など大人のことをばかにしてはいけない。子供が真似して馬鹿にするから。」と家内からよく注意されます。

 

仕方ないですよね。

そもそも威張っている奴が嫌いなんです。

でも家内の言うことにも、一理あるかなー。と思ってました。

 

ところが、はるさんの意見は違いました。

「大人も間違うし、ネガティブになる」

ということを教えておかないといけない。

そうですよね。そうでないと盲目的になってしまう。考えない。

 

あと も一つ。

 どのようにネガティブな感情を伝えるかですが、

 

「私は悲しく思ったよ。」

 

など、私はという主語をつける。つまり子供は、それに対して、子供はどう思ったかを考えることができ、逃げ道になる。

 

ということでした。勉強になるな。

 

今回も、大人も間違うことを教えないといけない。と言う新しい気づきがあり、さらに上層階の、私はと言う主語を使ってネガティブな気持ちを伝えると言う、概念を学びました。

 

これこそ無知の知バカの壁。抽象化能力なんですね。

 

いつもだったらスーッと聞き流していたのですが、ちょっとした引っ掛かりから、新たな概念を学びました。

 

なんでも勉強だな。。。