幸せなことだけをして生きていきたい

考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。「失敗は怖くないんだよ。と。たくさん失敗したほうがいいんだよ。と。」

鈍感力と敏感力 それと幸福感について

私はHSPなので、どちらかと言うと敏感力が勝っています。

なので必然的に会社でも調整役、仕事が押し付けられがち。

 

一方で私の直属の上司は、ある意味、鈍感力の持ち主です。 

なんと言われようと、自分の意思を突き通す。というか、それがみんなのためになると信じてるふしがあります。

おれの言う通りやれば、全てはうまくいくんだから。と。

でも、その調整は私がやっているんだけれども。。。

 

そしてその2つの世界の間では、決して理解し合うことはない。

どちらも自分が正しいと思っているから。

 

事あるごとに、上司方針の不備を指摘しているのですが、ただのうるさいやつになっているかもしれません。

まあ私の指摘で動じるような上司でもないんですが。

 

理解し合えないのは仕方ないのですが、上司は自分の仕事をやり遂げた感満載で、充実感に浸っています。

で、私は不必要な調整を強いられ、また、仕事も面白くなくなる。。。

 

どうしたらいいんだろ。。。

 

なかなか難しいですね。

考えすぎないほうがいいのかもしれません。