幸せなことだけをして生きていきたい

日常で考えたことを、「14歳の私」に伝えたいコトを書いています。もっと失敗しろよ。

あなたが何故痩せないのか?

月曜恒例の読書感想。

この本、すごいです。

@waamamaharu

全ての内容がエビデンスベース!引用論文もデータもインパクトファクターがあるものなので納得感が高い本です。

インスリン抵抗性を起こさせないことが「太らない」カラダを維持、つまり病気になりにくい「健康寿命」に繋がる。

様々なエビデンスから、あなたが何故痩せないのか?を説いてます。

個人的には、痩せる痩せないではなく、この知識が健康寿命を伸ばすと思うので、読んでおくべき一冊。

 

ハルさんの言う通り、エビデンスやデータベースなので、信頼性があります。

しかも栄養に関するいろいろな疑問が一気に解決しました。

 

ポイントは

インスリンが肥満の原因なので、インスリンを出さないようにする。

つまりファスティング(断食)時間を長くすること。と

砂糖、小麦、などの血糖値が急激に上がる食事をしないこと。


なるほど。

 

ファスティング(断食)時間を長くすると、体内が飢餓状態になるので、体内エネルギー貯蔵庫である脂肪が使われ始める。つまり痩せる。

 

ということですね。

 

で、今までの私の疑問は

 

まず

「寝る前に食べると太る。」

と言われますが、これは朝ごはんまでの時間が減る。ファスティング時間が減る行動です。インスリンが余分に出てしまいます。

だから間食はダメ。水かコーヒー飲んどけってこと。

 

だから

「朝食抜きも推奨されています」

そういえばこの本でも、朝食にバターコーヒーを推奨していました。

バターコーヒーならば脂質中心なのでインスリンが出ません。つまり前日夕食から翌日昼食までファスティングになるということですね。

こちらの本はエビデンスなしで、自分の体験のみの話だったので納得感が低かったのですが、これで納得。バターコーヒー再チャレンジしてみようかな?

 

そして極めつけはこれ。

3年前のブログ記事です。

 

yoshimor.hatenadiary.jp

草食動物のパンダは笹を一日中食べてます。

つまりインスリンが出っぱなし。だから太るんですね。

 

 

ということで

 

この本を読んだ上での、私の変更した食事方法は

  1. 朝食、昼食は時々抜く。今までは食べないといけないと思いこんでいた。食べたくない時は食べない。
  2. 間食禁止。お腹が空けばプロテイン飲んでたけど、これは逆効果。プロテインでも間食になりインスリンが出る。だから食事と同時にプロテインを飲む。(プロテインはこの本では推奨されていません)または水かコーヒーをがぶ飲み。

いつまで続くでしょうか?

また後日、結果報告します。