幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

ポストシーズン大予想 今日は先発オールスターだよ

私の予想通り阪神タイガースがCS進出しました。

yoshimor.hatenadiary.jp

 

さて調子にのって、今後の予想をしていきます。

 

まずセ・リーグ

調子のいい阪神と言いたいところですが、シーズンの後半戦と違い、CSは短期決戦です。そしてCSでやたらと強いのがDeNAです。

私は救援陣が豊富なことでシーズン後半戦は阪神と予想しましたが、圧倒的戦力がない状況では、短期決戦は戦い方が全てだと思います。なのでDeNAの2連勝と予想します。

 

次にパ・リーグ

楽天も頑張っていますが、戦力の差が大きいですね。怪我明けの則本も本調子とは思えません。なのでソフトバンク2連勝と予想します。

 

それにしても今日の試合の先発は、すごいですね。

メンバーだけ見てたらワクワクします。カーショウVSストラスバーグってすげえな。千賀VS則本も楽しみ。

DeNAが、今永ではなく石田というのは面白いですね。スターターということでしょう。すでに戦いは始まっている感じです。

f:id:yoshimor:20191005095539p:plain

 

基本、聞き役ですが、炸裂するときもあるんです。コントロールできないけど。

以前にも書いた通り、私は飲むのを止めました。

 

でも飲み会は嫌いではないので、時々、参加します。

 

先輩の多い飲み会では、基本、聞き役です。いろんな話を聞くのは楽しいです。うまく質問できたら、とっておきの話みたいなものも聞けます。

 

なので、自分から話す方ではないのですが、先日、女性3人と私一人という不思議な会で、テンションが上ってしまったのと、サービス精神から、たくさん話しをしてしまいました。

 

たまに自分の中のスイッチが突然入り、アクセルを踏めば踏むほど、楽しい話ができることがあるのです。すごく喜んでもらったので良かったのですが、自分でもはしゃぎ過ぎだなと思ったほどです。「ほんとに飲んでないの?」なんて聞かれました。

 

普段、あまり話さないのに、突然、確変し、めっちゃ話をしてしまうという現象は、時々起こります。

 

大人数を相手に話すのは苦手なので、6人以上の場ではまず起こりません。そういう時は、話そうとしても話せないんです。アクセルを踏んでも、進んでないという感じです。

 

5人以下の少人数の時で、女性が多い時に、起こるような気がします。男なので仕方ないですね。

 

私の話し方の師匠は、松本人志師匠です。

基本的に天丼を使って、緊張と弛緩を重ねます。素人なので全然、うまくないですが、ある程度、使えるとすごく笑ってもらえるし、場合によっては頭いいですね。なんて言われます。

頭いいんじゃなくて、方法を真似しているだけなんですけどね。

 

上手くいくときは上手くいくのですが、素人の悲しさで、いくら頑張ってもうまく行かないときも多いです。

まだまだ修行が足りません。

人生は、味方をどれだけ作るかゲーム

とある取引先の知り合いが、突然、支店長になられました。

 

前支店長は、7月の本社経営会議に出席した後、ほとぼりが冷めるまで休む。と言い残し、失踪したそうです。

どうやらが何かをやらかしたようです。最近流行りのハラスメント系でしょうか。

 

新支店長は、寝耳に水の話だったと思います。

去年、話をしたときには、支店長にはなれないので、近いうちに退職し、日本の未来のために活動するつもりだと、NPO法人の立ち上げを考えていたようでした。

 

しかし突然、棚ぼたで支店長になってしまいました。

 

世の中、こんなことがあるのですね。

 

先日のキャリア形成セミナーでも、

 

世の中何が起こるかわからないから、敵はできるだけ作らないほうがよい。

立つ鳥は後を濁さないのが、最も重要なキャリア形成です。

 

と言ってました。そうですよね。私もいろいろな経験をしましたが、結局、こういうことだと思います。

 

そして

 

人生は、味方をどれだけ作るかゲーム

 

だと考えるようになりました。

 

それまで「周りがアホだから俺の人生はうまくいかない。」で生きてきましたが、決していい目には会わない時代でした。

そして徐々に私の人生が変わり始めています。

 

私は馬鹿なのではすぐに忘れてしまいます。

この気持を大切にしようと思いました。

いい気になるなよ。自分。

阪神ファンの方々は、もう少し、選手に寛容になってほしい

この記事を読んで数十年ぶりに思い出したことがありました。

baseballstats2011.jp

 

私は、学生時代にとある部活をやっていたのですが、その時代の通り、勝利至上主義で、自分のチームの応援には、どんな汚い野次も許容されていました。

 

相手チームも同様にしていたので、そういうものだったと思います。

私の中の黒歴史ですね。でもこの記事を読むまでは、数十年間、完全に忘れていました。人のことを言えたものではないですね。

 

時が流れ、私も成長し、いろいろなスポーツのあり方を考えるうちに、敵のファインプレーには拍手しよう。と思えるようになりました。

 

阪神タイガースは、実はそんなに好きではないですが、いい選手が多いと思えるようになりました。

 

しかし中には、昔のメンタリティのまま、汚い野次をし続けてしまう人がいるんですね。

 

 

そしてそれがSNSで拡散されて糾弾される。

 

世の中は、確実にいい方向に向かっていってます。

 

昔はよかった。なんて思い始めたら私も終わりだと思います。

 

 

タイガースファンの方々は、もう少し、選手に寛容になってほしいなと思います。

だからタイガースを卒業し、のびのび活躍できるようになる選手(新井、榎田、ロサリオ選手など)がいるんじゃないでしょうか。

レジェンドの遠吠え

今日も会議でレジェンドが吠えていました。

 

どうしていまだに熱いのか?と考えると、自分のしてきたことの正当化。なんだと気がつきました。

 

自分はこうやってうまくやってきた。それをお前たちは、ないがしろにしている。黙って俺の言う通りやれ。

ということ。だからこそ憤っているんですね。

 

しかしそういう時代ではなくなっている。全ての情報が見える化されていて、いわゆる情報の非対称性がなく、顧客は冷静に良し悪しを見定めている。熱い営業が売上を上げる時代はもう来ないと思います。

 

あらためて「幸せな時代を生きてきた人だったんだな」と思います。でも今は「かわいそうな人」になってしまいました。

 

自分がそうなるかもしれないと思うとぞっとします。せめて後進の邪魔だけはしないようにしよう。

 

何かを守るよりは、何かを始める人間でいよ。

 

っと。

部下教育ってどうすればいいのだろう?

常に下っ端だったので、あまり教育とかしたことがなかったのですが、5人チームのNo2という立場もあり、そうも言ってられなくなりました。

 

最初に思ったのは、せっかくできる部下がいるのだし、自分も間違え始めたら注意してもらいたいということです。

 

そのためには、部下の失敗に小言を言うことをしています。部下に小言を言っておくと、自分がもし失敗しかけた時、部下は言ってくれるかもしれないという淡い思いです。

確かに部下には嫌な顔されるかもしれないけど、それを補って余りあるメリットがあると思ってます。

 

なんてことを考えてたら、突然、No3から「部長、お話があります。」とのこと。

びびりまくって、「どうしたんだ?」と聞いてみると。

部下の教育に悩んでいるとのこと。

なんだ俺と同じじゃん。と思いつつ、よくよく聞いてみると。

 

部下に仕事を任せているが、抜けが多くて、嫌になる。手を出すと、嫌な顔されるし、かといって手を出さなければ顧客に迷惑がかかる。全部、自分でしたくなる。

 

俺と同じじゃん。

 

で悩みまくって、レジェンドに相談したら、私に相談しろと言われたらしい。。。

 

なんで。。。

 

私も同じことで悩んでいるのが、レジェンドに気づかれていたのか?それとも意外とレジェンドの信頼を得ているのか?

よくわかりません。部下とともに悩んでいます。

ロボット手術って、人間無しでロボットがするんだと思ってた。

機会があってロボット手術の講演会に参加しました。

完全に勘違いしていたんですが、ロボット手術ってロボットが手術するのではなく、人間がロボットを操って手術するものだったんですね。

手術台から少し離れたところにあるゲームセンターのボックスのようなものに入って、操作するみたいです。実際に手術台にいるのは助手の人たちです。

 

内視鏡手術は2Dなので奥行きがわかりませんが、ロボット手術は3Dで奥行きがわかるので手術がしやすいようです。内視鏡を3D対応にすれば内視鏡手術でも奥行きがわかるのでしょうか?

テレビゲーム(2D)の世界と、ディズニー3Dアトラクションの違いみたいなものだそうです。たしかに画面から何かが飛び出てきそうな勢いがあります。やりやすさに関しては、かなりの違いがありそうです。

 

あとロボットだと操作する手の関節が自由に曲がるので操作が簡単と言ってました。人間がロボット操作するので、それは一緒のような気がするのですが、違うようですね。

普通の手術では利き手でしか縫わないようですが、ロボット手術では利き手じゃない方でも縫えるようです。このへんはよくわかりません。

 

意外と勉強になって面白かったです。