幸せなことだけをして生きていきたい

スポーツ観戦、読んだ本、働き方、なんかについて発信してます。

明日から夏休み このブログの振り返り

明日から夏休みです。 このブログの振り返りをしてみました。

f:id:yoshimor:20180816120603j:plain

2018/3/9 に開始しました。総アクセスは11353。読者数280。投稿数93です。

 

多くの人に読んでもらえてうれしいです。

 

マネタイズ、アフィリエイトは、よくわからないのでしてません。

 

心あるコメントを頂いたりして、すごく嬉しくなります。

 

先日、きんぐま (id:masa8king) 様

から頂いたコメントは、ジンとくるものでした。こういう経験は、いつまでも自分の心を温めてくれます。

 

yoshimor.hatenadiary.jp

 

毎日、ブログを書くのも習慣になってきました。飽きっぽい性格なので、いつまで続けれるかなと思いながらやっていますが、それくらいの気持ちのほうが続けられるのかもしれません。忙しくなると、ついつい休んでしまいますが、自分の心のためにもできるだけ書くようにしたいと思います。

 

 

私がブログを書いているのは、何よりも自分のためです。心と身体の健康のためです。そして数年前の自分のためでもあります。

 

また定期的に振り返りをしたいと思います。それまで続けられるかな。

4年前のやりたいことリスト

先日、断捨離ついでにかつての日記をスキャンしました。振り返りは必要だと思いながら、つらい過去をふり返る気になりませんでした。それでも身の回りが片付いてくると不思議と振り返っている気持ちが出てきました。不思議な断捨離効果です。

 

日記を読み直してみると、一番最初に、やりたいことリストが出てきました。そんなことを考えていたんだ。とほぼ身に覚えがありません。しかもめっちゃ恥ずかしい。。。

 

4年前のやりたいことリスト

 

常に他人の役に立てることを心がける

自分の目線を高くする

笑顔を作る

損得ではなくワクワクできるかどうかでやるかどうかを判断する

時間を大切にする

しなやかな心を持つ

自分を大切にする

信頼を得る

他人の目を気にしない

余裕を持つ

 

 

いろいろ考えてたのですね。できているのは、しなやかな心くらいですねえ。今でも通用しそうなので、も一度心に止めておきたいと思います。そしてバージョンアップしていこうと思います。毎月ふり返るくらいがいいかもしれません。

 

それと日記を読み直してみると、むちゃくちゃ忙しくしています。ストレスも過大です。これでは体と心を壊してしまうなというのが、はっきりと分かりました。書くだけではダメなんですね。少し経ってから、ふり返ることも大切ですね。

 

早速、やりたいことリストに、無理をしない。ストレスを溜めない。を追加します。

何がしたいのか?

転職の話や、大ボスのやらかし事件以降、自分の身の上について考えを巡らせています。

 

ヘッドハンティングで提案された新しい仕事は、目新しいということだけで魅力的に思えます。しかしこれを10年以上続けることができるのでしょうか。そこまで魅力的には思えません。

 

どちらかというと仕事内容だけ考えると現職のほうが魅力的です。やはり私はナチュラルボーン・プレーヤーであり、ナチュラルボーン・インストラクターではないと思います。人にものを教えるのが苦手です。

 

現職はブラック労働なので、うまく対処していかないと長く続けられないでしょう。しかもわたしは一度メンタルをやってますので、より慎重にならざるを得ません。

 

現在の会社はバックアップ体制があまりに貧弱なので、同業他社に移ることを中心に考えるのがベストのような気がします。

 

今はしっかり守りを固めて、肉体的にも精神的にも疲労を貯めないように、もいちどメンタルをやるとか、仕事に大穴を開けるだとかの大きな失敗をしないように、できる範囲だけをきっちりやることをこなしたいと思います。

 

そして現状のプロジェクトと秋の大プロジェクトを成功させて、同業他社に移ることを模索していきたいと思います。

 

 

ブログを書くと客観的になれますね。書き始めるまでは、頭の中がモヤモヤしていた状態で、書く内容も決まってませんでしたが、書き始めると、意外と頭の中が整理されてきて、今はすっきりした気持ちです。不思議なものですね。

 

こうやって書き続けることは私にとって大切なものなのでしょう。疲労も抜けてきたので、そろそろ体も動かしていこうと思います。頭の中だけ進んでしまうのは良くないことを経験上、何度も学んでいます。

 

 

SUPをやってみた

SUP 

スタンドアップパドル・サーフィン - Wikipedia

というウオータースポーツを初めてやってみました。

 

こういう初ものは、可能な限りやることにしています。いつまでもしなやかな心を持っていたいからです。音楽もできるだけ知らないジャンルのものを聴いたりしています。

 

でSUPなんですけど、

最初の印象はサーフィンの体力いらないバージョンだと思っていたのですが、意外なことに、それなりに体力を要するものでした。

 

サーフィンは立つのに時間がかかりますが、SUPはボードがかなり大きいので、すぐに立てます。漕ぎ始めるとボードがさらに安定するので、まずコケたりしません。ただ小さく曲がる時は後傾する必要があるので、そうすると途端にボードが不安定になり、あっという間にコケてしまいます。コケるとサーフィンと同じで激しく体力を消耗します。

 

想像してたよりも、意外と面白かったですし、ダイナミックなスポーツでした。見た目とやった感じが全然違うのもこのスポーツの特徴かもしれません。

 

あとよかったのは、ショップの設備がすごくきれいでした。トイレや、更衣室、シャワーなどが汚れていると、テンションが下がり、もう二度と行きたくないと思ったりしますが、今回のショップはとてもよかったので、ぜひともまた行きたいと思います。

 

こういうことって、とても重要だと思います。スタッフに若い女性が多いのも感じがよかったですね。女性目線が効いてるのだと思います。

 

いろいろな気付きがあり、新しいことにチャレンジするのは大切だと思い直しました。さて次は何をしましょうか。

こういう時が一番、危険

一昨日、パートナーコントロールについて書きました。

yoshimor.hatenadiary.jp

 

書いているうちに恐怖感が和らいでいって、冷静になれました。話し合いのときにはすっかり落ち着いて話ができました。おかげで問題を共有する感じになり、怒りを買うこともありませんでした。

 

こんなにうまくいくのは意外でした。頭の中で何度もシュミレーションしていました。きっとうまくいくはずがないと思い込んでいたのに。不思議な感じでした。

 

案ずるより産むが易し。

 

ということなのでしょうが、経験から言ってこんなにうまく行ったのは、自分が冷静に客観的になれたから。つまりこの件をブログ記事を書き、客観視できたからだと思います。

 

もともとは自分の思考の整理を含めて、ブログを書いているのですが、思ったよりも副次的な効果がありますね。こういうことを大切にしていきたいと思います。

 

本業のほうは、夏休みモードということもあり、ダラダラしています。懸念事項が一つありますが、ぼちぼちやっていこうと思います。躁状態が収まりつつあり、少し冷静になってきました。こういう時が一番、危険ですので、注意深く行動しようと思います。今は勝負するときではありません。守りを固めて、じっくり次の勝負時を待とうと思います。それまでは心と身体を十分、休めて回復しようと思います。

 

ヘッドハンティングの件は、ほぼ自分の中では結論が出ていますが、もう少し冷却期間をおいて考え直したほうが良さそうです。

パートナーの怒りの恐怖から逃げている

先日、恐怖について書いたのだが、また自分の恐怖に向き合う出来事がありました。

 

私はパートナーとの関係はそんなに悪くありません。

 

しかしどちらかと言うと、押しの強いパートナーに、押しの弱い私が譲歩しているという感じです。

パートナーとしては、いつも押せば自分の思い通りになるのに、私がどうしても引けない部分が出てきた時には、思い通りにならず怒り始めます。私はその怒りが怖くて、いつも譲りがちです。

 

ビジネスでは、世間の常識があるので、ある程度、お互いの落とし所はわかります。また思ったより譲歩を引き出した場合は、次回、その見返りを払うことになったりします。

私としてはパートナーにこれだけ譲っているので、少しくらい融通を利かせてほしいとよく憤っています。そのあたりにギャップがありますね。いつも譲ることが必ずしもお互いの利益にならないということかもしれません。

 

ところが、私的なパートナー関係では、世間の常識が基本的に通用しないため、押しの強さ弱さが、すべてを決定してしまいます。

 

今回は、私の私的な急用のため、休日家族サービスをしない。ということでしたが、自分の状況を淡々と説明し、どうしたらいいか困っている。というふうに相談してみました。いつもなら本当はこうしたいけど、怒るから仕方なしに家族サービスをするという流れになっていると思います。

 

そうすると、こちらの感情に寄り添ってくれ、それじゃあ仕方ないよね。家族は我慢するということになりました。

 

相手の機嫌の良い時に、こちらの立場をうまく説明して、融通を利かせるのはお互いのためにもなる。ということをうまくプレゼンしないといけませんね。怒りを恐れず、うまく話し合い、ウインウインの関係になるのが理想ですね。このあたりはパートナーコントロールということにもなります。少しずつ試してみようと思います。

転職

ヘッドハンティングの話が来てから、転職についていろいろ考えてます。

 

なんと言っても新しい環境で働き始めるというのは魅力的です。新しいもの好きですので。しかも時間の余裕もかなりできます。ブラックな働き方をしないでいけるのはいいですね。

一方で収入は減少するので、そのあたりが悩ましいです。もう少し余裕が出来てからのほうがいいなと思います。そういった意味で、もう少し現職で働きつつ、インストラクター方面への転職を考えていました。そうそううまく話はないかもしれませんが、現状ですぐに転職というのは厳しいですね。

 

現職から離脱したいなと思い始めたのは、ブラックな働き方以外にも理由がありそうな気がします。今はあまり楽しくないです。今まではイケイケでやってきましたが、続かない感じになっています。どうしたら楽しく働けるのでしょうか。少しペースを落とすことも考えてみます。

 

もう少し現職で頑張りつつ、時期を見て、より魅力的な同業他社か、インストラクター方面への転職を考えるほうがいいような気がします。

 

もう少しじっくり考えてみようと思います。