幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

偏見と変化と頭の固さ 嫌だなあ

自分の中から、偏見というものをできるだけなくそうと務めています。

 

こんなのあるだけ損です。

経済的合理性のほうが大切です。そのほうが幸せに生きていけます。

 

ところが、久しぶりに自分の中の隠れた偏見に気が付きました。

この記事を読んだときです。

baseballstats2011.jp

プロ野球試合の時短について書かれたものです。

私も大賛成です。選手は走って交代すればいいと思います。甲子園高校野球では試合時間がかなり短いです。

7回の風船飛ばしも大嫌いです。人のつばがついた風船が次々と頭の上に振ってくるのは不快です。清掃にも時間コストが必要になりますし、風船は再利用できないのですごく無駄です。

 

ポイントはこれです。

豊浦彰太郎さんは、seventh-inning stretchやGod Bless Americaもやめればいいと言っている

私はこれを読んだ時、えっっ?!って思いました。

 

野球はアメリカ発祥のスポーツです。野球というスポーツ自体では、日本はアメリカに大きく遅れています。レベル、トレーニング方法、戦略、野球機構、ファンの質、などなど。

 

私は知らず知らずのうちに、アメリカ野球全面礼賛となっていました。

歳のせいで頭が固くなっているんだろうか。嫌だなあ。

 

seventh-inning stretchやGod Bless Americaは、当たり前のもの、これを否定することはアメリカ野球、文化自体の否定になるんじゃないかと最初、感じました。

 

でも考えてみたら、必要ないものです。

アメリカ野球にも劣っていることがあるはずですよね。だから申告敬遠とか、ビデオ判定とか、どんどん変わり続けている。

 

変わり身の速さは、経済的合理性には欠かせません。進化とともに常識が非常識になっていきます。

 

勝間さんも変わりました。さすが。

katsumakazuyo.hatenablog.com

言い訳がましくなる必要ないですよね。堂々と変わればいいんです。

 

私もどんどん変わっていかないといけません。

プロデューサーのほうが向いている。しかも楽しい。

 臨時の最後の大仕事が終わりました。

気に病んでいたので、ほっとしています。

yoshimor.hatenadiary.jp

 

結局、社外ヘルプをお願いしました。

 

社外ヘルプを頼むのには、手続きがいろいろ面倒なのですが、そのかいがありました。

 

この分野に特化した方で、かなり厄介な案件でしたが、すいすいと終わってしまいました。予想の半分程度の時間で終わりました。

出来栄えも素晴らしく、先方も非常に喜ばれていて、仕事を終えた時は、本当にお願いしてよかったと実感しました。

 

それに私自身の勉強にもなりました。

横でサポートしていただけなのですが、すいすい仕事が進むので、途中からは楽しくなってきました。細かなところで、私とは全く違うアプローチ、考え方をしていました。

 

今回の案件が来た時は、ほんとに逃げ出したくなっていたのですが、次、同じような案件があったら、今度は自分がやってみたいくらいの気持ちになりました。

 

小さな支社にいて、ヘルプがなかなか頼みにくく、自分ですべて回さないと仕事が進まないと思いこんでました。視野狭窄ですね。

 

自分の苦手な分野はスペシャリストにお任せして、自分の得意なことをどんどんしていったほうが生産性が高いですね。

スペシャリストの仕事を学ぶこともできるので、自分自身の向上にもつながることを実感しました。

 

せっぱつまって、やむにやまれずの苦肉の策でしたが、今回はいい経験をしました。

転勤後も、忘れないようにしないといけません。

アドリブに関しての疑問

先週の関ジャム、面白かったです。

 

アドリブ演奏の特集でした。

 

post.tv-asahi.co.jp

 

アドリブっていうのは、コードとリズムだけ決めてあとは合わせるということですね。

間違ってたらご指摘ください。

 

アドリブには人間性、人間関係、押しの強さ、弱さなどが出てくるようです。

解説を聞いたら、なるほどと思いました。

 

今までジャズの面白さがほとんど理解できなかったのですが、この番組後には、少し理解できるようになりました。

100点満点でいうと、0点が3点になった感じです。

それでもすごくわかったんです。

 

安田くんが飛び入り参加してましたが、うまくやってました。すごい。かっこいい。

またサバンナの高橋くんはピアノを弾いたことがないのに、ピアノで参加し、なんとなくうまくいけました。

 

バックトゥザフューチャーで、マイケル j フォックス が飛び入りでジョニーBグッドを演奏するとき、バンドのメンバーにコード進行を伝えるだけで、演奏していたのも、これですね。すごくカッコよかった。

 

こういうことができれば。と思うのですが、それにはまずコードを理解しないといけないんですよね。

 

メジャー、マイナーくらいならギリギリわかるのですが、セブンス、テンションとかになると全くついていけません。そもそも和音を聞いて、それがどんなコードかがわかりません。単音でもあやしい。

 

以前の関ジャムで、川谷絵音くんが、コードだけで作詞作曲してました。

www.tv-asahi.co.jp

 

私のような、コード自体を理解できない人は、はなから無理なんでしょうか。それともどれくらいトレーニングすればわかるようになるのでしょうか。

 

不安症状の解決方法

ここのところ、転勤を前に、気持ちが不安定になっているせいか、よく眠れません。

 

環境の変化に弱いんですよね。しばらく要注意です。

 

昨夜は、今やっている仕事でやらかしてしまった夢を見て、真夜中に目が覚め、しばらく寝付けなくなりました。

 

転勤前には、いつも起こる不安症状なのですが、悪いことを自分の中で繰り返し再生してしまい、必要以上に自分を傷つける(ある意味自傷行為ですね)のを止めないといけません。

どんどん落ち込んで、ふさぎ込んでしまいます。

 

やってしまったことを反省することは大切ですが、しすぎる傾向があります。

反省は一度だけでいい。あとは忘れたほうがいいです。

 

また、やってしまったこと、ならまだしも、これから起こるかもしれない失敗を何度も再生してしまいます。これは本当にいけません。なんとかしないと。

 

対策として、今、やっているのは、楽しい小説に逃げることです。

常に手元に小説を置いて、自分の中で再生し始めたら、読書を開始することです。

 

今のところ、かなりいいようです。

歩行中など、すぐに読書を開始出来ないときが困りますが、小説のことを思い出し、あらすじをなぞるだけで、ある程度、ましになっています。

花粉症の治療法 カレー

私はひどい花粉症です。

 

20年以上、春先はつらい思いをしていきました。

かつての薬は副作用が多く、仕事中の眠気と戦っていました。

 

ところが、ある時、カレーを食べたら、みるみる症状がおさまったことがありました。食べる前は鼻水じゅるじゅるだったのに、食べ始めると、鼻水がなくなっていき、鼻の中を空気がスースー通るようになっていくのです。

 

そこでネットで調べてみると、花粉症にカレーが効くということがたくさんでてきました。カレーが効くんだ!

 

私は民間療法などエビデンスのない治療法は信じていません。特に漢方が好きというわけでもありません。むしろ毛嫌いしています。でもカレーは確実に効きます。少し食べるだけでも効果があります。

 

それから、春はできるだけカレーを食べています。

さすがに朝からカレーは食べないのですが、昼はカレーヌードル、カレーうどん、夜はもちろんカレーです。

 

それまで高い薬を出してもらってましたが、もう十年以上、薬いらずです。

病院嫌いなんですよね。待ち時間が長いですし、薬高いし。

 

カレーの種類にもよりますが、食べてから丸一日くらいは大丈夫です。

香辛料が多いほうが効き目があるように思います。

 

もともと私はカレーが大好きです。インドはもちろん、タイのグリーンカレーや、日本のカレーも大好きです。

 

大好きなものがたくさん食べられる上に、花粉症症状もほとんど起こりません。

多少のくしゃみ、鼻水程度です。

副作用もほとんどありません。しいて言えば、ややカロリーが多いのと、口臭が気になることくらいです。

 

花粉症に悩まれているかた、一度、試してください。おすすめです。

中古車も賃貸住宅も市場のひずみを利用している

昨日の中古車の話を友人としていた時に、知らず知らずのうちに私は市場のひずみを利用しているのだと気が付きました。

 

どうして新車ではなく中古車を買うのか?と友人に聞かれたことがきっかけでした。

 

私は天の邪鬼な性格です。みんなと違ったことをしたい。

 

周りの人達は、高い新車を買います。

例えば新車200万円だとしましょう。5年乗ると年換算で40万円/年となります。

 

私の場合、これが少し高く感じてしまうのです。

日本の中古市場は世界的に見て、とても安いのです。だから中古車輸出業が儲かっています。輸出するのに経費がかかるのに、それでも十分な利益が出ます。

これは日本人が新車をより好んでいるから、中古車がよに人気がないからということが理由ですね。

 

このひずみを利用しない手はありません。

だから私は中古車ばかり乗り継いでいます。

程度が良いものでも3年で半額になることも珍しくありません。

 

新車200万円に対し、3年落ち中古車は100万円です。私の場合10年車検まで乗り続けますので、残り7年乗るとして、年換算で13万円/年となります。

 

最新車ではありませんが、そんなにひどくもありません。コスパ高いです。満足度が高いですね。

 

 

市場の歪み関連では、賃貸物件もいいと思ってます。

 

田舎のせいか近所の人々はほとんど持ち家です。ほんとに賃貸の人は少ないですね。おかげで賃貸人気が少ないせいか予想以上に賃貸が安くなっています。ここでも私の天の邪鬼性格が表れていますね。
growrichslowly.net

 固定資産税が不要。会社から賃貸住宅手当支給。いつでも引っ越しができる。家族構成、通学、勤務の変化に応じて住宅を変えることができます。

 

私は転勤が多いので、メリットが大きいですね。

 

しかし同僚の多くは家を購入しています。自分の夢ということが大きいようですが、薄給で住宅ローンはしんどいですよね。

 

単身赴任になることも珍しくないです。庭の手入れが億劫になってきたとか言っている上司が増えてきました。

 

上記ブログでも指摘されていますが、利用頻度が多いものは購入のほうが安いようです。

 

以下はざっくり計算です。

持ち家 買値2000万+ローン金利1000万+固定資産税10万x30年: 3300万

賃貸  (家賃8万-住宅手当2万)x12ヶ月x 30年: 2160万

 

やはり私には賃貸がよいようです。

 

車を購入するのは楽しいのですが、選ぶのはストレスでした。

4月からの異動に伴い、通勤のために車が必要になりました。

 

この1年間の車のない生活は成人してから初めての経験でしたが、それなりに快適でしたね。

ガソリン代、駐車場代、保険、諸費用がかからないですし、交通違反、交通事故の心配もありません。渋滞がすごっく苦手だったので、あの苦しみがなくなったので本当に快適でした。

 

この一ヶ月ほど、車購入のために、近くの中古車屋さんに行ったり、一日に何度も中古車ネット検索していました。

悩んでいる時間はそれなりに楽しいのですが、生産性が少ないなと感じていました。同時に少しストレスも感じていたようです。

 

先週、急用の家族の送迎した際に、近くの中古車屋さんの前を通りがかったんです。

 

ちょっといいなと思ってた車が、一時期なくなってたのですが、商談が不成立になり復活していました。

 

たまたま通りがかったら、あきらめた車があった。

 

という運命を感じてしまい、その場で買ってしまいました。

ふらっとやってきた、汚いジャージ姿の寝癖付きのおっさんが、即決で中古車を買ったので、担当の方はかなり驚かれていました。

即決したので、かなりお安くしていただきました。感謝です。

 

新しい生活が始まります。楽しみですが、不安も同時にたくさんあります。

それなりにストレスを感じているのでしょう。

 

この一ヶ月、楽しみながらも悩んでいたことが解決したので、すごくすっきりした気分です。これで中古車検索しなくて済みます。一体、これに何時間費やしたんだろう。

 

 

やらないといけないことが一つ解決しただけなのに、自分の中ではストレスがかなり軽くなりました。