幸せなことだけをして生きていきたい

考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

オボエテロヨオマエラ。ワスレネエカラナ。

先日、私の取引先のトラブルが発生し、会社にそれなりの損害が出たので反省会が行われました。

yoshimor.hatenadiary.jp

 

いつもの通り、「誰がミスったんだ?」的な魔女狩りが行われようとしていましたが、冷静に状況説明しまして、「お前が悪いんじゃないんだな?」という落とし所に持っていくことができました。


やはり何度考えても、原因は先方の特有の問題で、こちらの対応に大きな問題はなかった。と思います。


でもですね。

 

やっぱ、


ごちゃごちゃ言ってくるやつがいるんですよね。
オボエテロヨオマエラ。ワスレネエカラナ。


なんとか私のせいにしようとしていた人もいたのですが、論理的に説明できました。


こういう時にこそ、人の裏表ってわかりますね。普段、人当たりの良い人でも、必要以上に強く言ってきたり、はたまた意外な人がフォローしてくれたりしました。まあフォローしてくれた人が全員味方ではないんですが。そこまで馬鹿じゃありません。


そして前もって状況を書くことで分析でき、自分の不安がいつも以上に少なかったように思います。


思わぬ収穫でした。


足の引っ張り合いが多い職場ですが、うまく細く長く生き抜いて行けたらなと思います。

1人の時間の大切さ

1人の時間の大切さ。

ぼーっとするのは大切。

モリーの整理。

余白が何かを産む。

 


一人になれる時間は非常に貴重だと信じています。


今までないがしろにしてきました。

そんな物必要無いと思っていました。

 

でも家族ができて、仕事が忙しくなり、日々の雑用に巻き込まれていると、そういう余白がなくなり、心がどんどんささくれだつようになりました。

 


余裕がなくなると、全てが腹立たしくなり、こっちは寝ていないんだ。とどこかの不祥事を起こした会社社長と同じことを言ってしまうようになりました。


私には一人になる部屋はありません。


私の尊敬する人に、ワーママはる さん Twitter(@wa_mamaharu)

voicy.jp

 

というひとがいるのですが、彼女は、一人になる時間、ボーっとする時間は大切だと言ってました。


なので、先週末は意識的に一人になってみました。


そしてブログ記事を数本書けました。

 

しかも幾分、内省的な内容で。

PVを稼ぐというよりも、まさに、私の目的としている「12歳の自分に向かって」書けた記事のように思います。

 

書いたあとは、すっきりした気分になり、一人の時間は大切だなと改めて思いました。

音声入力できればさらに効率が上がると思うのですが、様々な制約によりできていません。

 

やっぱり一人になれる部屋がほしいなー。

今日は私の公開処刑の日です。 ぴえん。

今日は私の公開処刑の日です。


というのは、先日、私の取引先のトラブルが発生し、会社にそれなりの損害が出たので反省会が行われます。


幹部職員も全員出席です。


社長代理が議長で、私が今回の経緯について一通り説明し、チームメンバーに聞き取りし、今後の防止対策などについて話し合いが行われます。


そもそもこちらに落ち度はなさそうだし、先方も原因がよくわかっていないようなので、私としては特に心配することはないのですが、なにせ悪名高き「公開処刑」ですので、幾分、不安です。


自分でも不安の元が何かがよくわかっていないので、書くことで解決できないかなと思って、恥をさらして書いています。


こういった会議の特徴なのですが、ついつい犯人探しになってしまいます。


最も恐ろしいのは、私の把握できていない部分で、私に落ち度が見つかってしまうことです。


しかし私が最も把握している案件であり、そういうことはまずないように思います。それでも不安なのはどうしてなんでしょうか。


冷静に考えても、私が死ぬことはないし、辞めさせられたりすることもありません。恥をかかされることが嫌なんでしょうか。


会議中に自分の不安の元がわかるかもしれません。ある意味楽しみですね。

書くことの大切さ。 自分の気持ちがわかって来るんだなあ。

昨日の記事を読み返して、なんであんな説教臭い感じになっていたのかなと考えてみました。

yoshimor.hatenadiary.jp

 

私がブログを再開しようと思ったことの一つに、自分のように馬鹿な回り道をせずに、失敗はどんどんして、それをクヨクヨせずにショートカットしていけばいいんだよ。ということを伝えたいんだな。ということに気がつきました。

 

一方で、自分と同じように、失敗を糧にできなくて、失敗を悪いことだ。と感じてしまっている人が多いように思います。


でもよくよく考えてみると、今の自分があるということは、あの失敗を乗り越えて、それを糧にしているということなんですよね。あの失敗がなければ、もっとひどいことになっていたかもしれません。



こうやって書いているうちに、自分の中の気持ちに、どんどん気がついてきます。


そうです。このブログは、12歳の時の自分に伝えたいことを書こうと思ったから始めたんです。

 

ブログを書くということは、こういうことなんだなと、改めて気がつくことが多いですね。
肩の力を抜いて、続けていければいいなと思います。

ブログ再開! いつまで続くか知らんけど。  失敗から学ばないと前に進めないこと

いろいろと考えるところがあったので、久しぶりにブログを再開してみたいと思います。まぁいつまで続くかわからないですけれども、生暖かく見守っていただければと思います。


まず1つには仕事に余裕が少しできたこと。あと最近行き詰まっていることが再開の理由かな。

 


部下の1人が、仕事の割り振りについて文句を言い始めました。部長は現場のことが、すでにあまりわからないみたいのに、自覚がなくて適当に割り振ってしまい。部下たちの反発を招いているの。中間管理職で、現場の実情もある程度わかっている私がやればもっとスムーズに行くんだろうけれども。

 

しかしここに落とし穴があります。

 

かつて私は、自分はコミニケーション能力が人よりも高く、しかもどちらかと言うと頑張れるタイプだと思っていました。ある時期、自分を過信し、業務の大部分を一人で抱え込み、挙句の果てに周りとの人間関係もうまくいかなくなり、最終的に全てを放り出してしまって、自分の業績を大きく損なってしまったことがあります。

 

当時は本当に死にたくなるような気分でした。責任ある仕事を放り出してしまい、周りからも責められ、関係部署に迷惑を掛けてしまいました。

 

それでも!

 

今となってみれば、あの時の経験があるので、危ないことには近づかないようになっているし、自分の力量もある程度わかっていて、必要以上の業務を抱え込まないようになっています。つまり失敗から学んだということです。失敗がなければ、気がつかないですし、私に取っては必要な失敗でした。


つまり自分の課題以外(アドラー的)のことに、自分の能力以上のことを使って関わり合いになる事は、不幸な結果を生みます。

 

そういうことで今回も部長の仕事をとって変わる事はあまり良くないのではないかなと思ってます。めんどくさいことは部長に任せて、一緒に部長の悪口を言っているくらいがちょうどいいのかもしれません。

 

自分の限界を知ったと言うことかな。

ポストシーズン大予想 今日は先発オールスターだよ

私の予想通り阪神タイガースがCS進出しました。

yoshimor.hatenadiary.jp

 

さて調子にのって、今後の予想をしていきます。

 

まずセ・リーグ

調子のいい阪神と言いたいところですが、シーズンの後半戦と違い、CSは短期決戦です。そしてCSでやたらと強いのがDeNAです。

私は救援陣が豊富なことでシーズン後半戦は阪神と予想しましたが、圧倒的戦力がない状況では、短期決戦は戦い方が全てだと思います。なのでDeNAの2連勝と予想します。

 

次にパ・リーグ

楽天も頑張っていますが、戦力の差が大きいですね。怪我明けの則本も本調子とは思えません。なのでソフトバンク2連勝と予想します。

 

それにしても今日の試合の先発は、すごいですね。

メンバーだけ見てたらワクワクします。カーショウVSストラスバーグってすげえな。千賀VS則本も楽しみ。

DeNAが、今永ではなく石田というのは面白いですね。スターターということでしょう。すでに戦いは始まっている感じです。

f:id:yoshimor:20191005095539p:plain

 

基本、聞き役ですが、炸裂するときもあるんです。コントロールできないけど。

以前にも書いた通り、私は飲むのを止めました。

 

でも飲み会は嫌いではないので、時々、参加します。

 

先輩の多い飲み会では、基本、聞き役です。いろんな話を聞くのは楽しいです。うまく質問できたら、とっておきの話みたいなものも聞けます。

 

なので、自分から話す方ではないのですが、先日、女性3人と私一人という不思議な会で、テンションが上ってしまったのと、サービス精神から、たくさん話しをしてしまいました。

 

たまに自分の中のスイッチが突然入り、アクセルを踏めば踏むほど、楽しい話ができることがあるのです。すごく喜んでもらったので良かったのですが、自分でもはしゃぎ過ぎだなと思ったほどです。「ほんとに飲んでないの?」なんて聞かれました。

 

普段、あまり話さないのに、突然、確変し、めっちゃ話をしてしまうという現象は、時々起こります。

 

大人数を相手に話すのは苦手なので、6人以上の場ではまず起こりません。そういう時は、話そうとしても話せないんです。アクセルを踏んでも、進んでないという感じです。

 

5人以下の少人数の時で、女性が多い時に、起こるような気がします。男なので仕方ないですね。

 

私の話し方の師匠は、松本人志師匠です。

基本的に天丼を使って、緊張と弛緩を重ねます。素人なので全然、うまくないですが、ある程度、使えるとすごく笑ってもらえるし、場合によっては頭いいですね。なんて言われます。

頭いいんじゃなくて、方法を真似しているだけなんですけどね。

 

上手くいくときは上手くいくのですが、素人の悲しさで、いくら頑張ってもうまく行かないときも多いです。

まだまだ修行が足りません。