幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

語学学習に対する真剣さ

先日、インターナショナル・フェスティバルというのを見かけました。私はタイ料理が大好きなので、早速、タイの屋台でココナッツグリーンカレーを買い、それを食べながら、ステージで行われているダンスを見ていました。

 

多くの外国人の方が楽しんでいました。その風景を見ていて、母国を離れて他国に来て生活をしている人の多さに驚きもしました。

 

おそらく母国では収入が少ないなどの問題があり、それを乗り越えるために他国へわざわざ移住し、言葉や文化などの違いを乗り越え、頑張って生活を立ち上げている人々なのだと思います。

 

その中での喜びの一つがこういった催しで、自分の文化を他の人々に紹介し、また自分のコミュニティの結束を改めて強くするということなのでしょう。

 

ふりかえって日本人は、日本で生活していれば、そんな大きな問題はありませんし、仕事も選ばなければ、何でもあります。仕事をしないなら生活保護だってあります。生きるか死ぬかの状況の他の国の人々と深刻さが違うのでしょう。

 

語学学習にも影響すると思いました。先日、日本人は英語の学習能力が低い話をしましたが、結局、生きるか死ぬかの真剣さで勉強をしていないからかもしれませんね。

 

様々な国の様々なダンスをみながら、そんなことを感じた一日でした。