幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

ゴーン会長逮捕で考えたこと 陰謀?策略?それとも。。。

ニュースを聞いて最初に思ったことは「うっそー。何かの陰謀?」でした。

ちきりんさんも同じ反応。

 

次に私が考えたことは、こんなに相場がガタガタしている時に、検察がこんなことして大丈夫なの?ってことでした。

だってライブドア・ショックの時は、株価がめちゃめちゃ下がって、世間から検察はかなり批判されてたので。

だからよほどのことでないと、日産の会長を逮捕なんてできないと思ったのです。

 

その次に考えたことは、日産会長ともあろう人が、こんなリスクを背負ってまで脱税する?ってことでした。

逮捕されて会長の座を降ろされるかもしれないのに、そこまで脱税にこだわると思えない。。。

経営者になったことがないので、この辺のところはわからないなと思ってたら、外から見る日本ブログで解説されてました。

http://blog.livedoor.jp/fromvancouver/archives/52531376.html

 

このかたはカナダのレンタカー会社や、日本のシェアハウス事業などを手がけておられるので、経営者目線です。しかもいつも鋭い分析です。

それによると、ゴーン氏は高給、日産の利益を吸い上げルノーの下支えをしているので、日産からは恨まれているというのです。

さすがですね。そんなことこれっぽっちも知りませんでした。てっきり稲盛JAL元社長のように崇め奉られていると思ってました。

日産に恨まれているなら、ゴーン氏のアラを探しまくって、隠している脱税のことまで、日産内部の人なら知ることができるかもしれません。

 

次にブログ記事を読んで考えたことはこれです。

 

日産本社からゴーン会長が恨まれていたとしたら、内部告発するだろうし、地検も動かざるをえないし、地検と日産は周到に準備して、会社と緊密に連絡を取って、すぐに記者会見を開いて、株価にショックを与えないようにするというのは、理にかなっています。

しかも今日になって、日仏政府支援や総会前倒しまで出てきました。万全の準備してましたね。

この説が有力なことを裏付けています。

 

外から見る日本ブログ様は日産は復活する予測をしていますが、どうやら当たりそうですね。

 

ニュースによる、いい思考の練習でした。