幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

消えてなくなりたいと一日何度思うのか?

今日の仕事はうまくいきました。あぶない場面もいくつかあったのですが、持ち前の土壇場の対応力で何とかしのぎきりました。

 

そもそもあぶない場面を作らないようにしないといけません。このへんは反省点でした。うまく行ってよかった。ではすみません。

 

 

一息ついていると、隣の部署から危機的状況の報告が上がってきました。当人は痛く落ち込んでいたため、「こういうこともある。ここから何ができるか。何を学ぶかが大切だ。」とアドバイスを送りました。

 

 

そして今日は先々週の当部署の結果発表でした。手応え十分で自信満々だったのですが、意外にも敗退でした。また周囲に迷惑をかけてしまいました。結果が出たときの瞬間は顔があげられませんでした。ほんとに消えてなくなりたい。

 

反省点はたくさんあります。もっと慎重に進めておかないとだめだったとか。詰めが甘かったとか。自分らしくない。と思います。

 

そして先日の懸案事項の一つが再浮上してきました。頭が痛いです。

 

こんな時のために、気晴らしをいくつか用意しているのですが、何をしても気が晴れません。本を読む気になりませんし、ゲームをする気力もありません。

 

落ち込んでいても仕方がないのですが、いつもの癖で、そのことばかり考えてしまい、執拗に自分を傷つけています。

 

やれやれ。

 

一晩、ぐっすり眠ると回復していることが多いので、しっかり食べてぐっすり眠ろうと思います。

 

そんな一日でした。