幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

自分との対話で感じる違和感

今読んでいる本

知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略

知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略

 

 知的生活の設計

日々の生活での小さな気付き。違和感。を収集することが大事だと言ってます。

 

私もこの本に習い、ノートを持ち歩き、スマホでメモをし、日々の違和感を集め始めました。

 

その中で、以前から考えてもなかなか思いつかなかったことがありました。

それは「かつて自分の好きだったこと」です。

女の子以外にも、夢中になったことはたくさんあるはずなのですが、心ときめくものがなかなか思いつきませんでした。

 

ところが毎日、日々の違和感を集めていると、何気ないところから、ふと思い出しました。まさに「あれっ?」という違和感を感じた瞬間でした。

 

私のかつて好きだったことは、

 

「修理すること。」

 

です。

 

自宅の水道修理も面白いですし、プラモデルを改造することに夢中でした。ラジコンにしたりしましたね。家具の修理なんかも好きです。掃除ロボットのバッテリーがすごく高くて、エネループで自作したこともあります。

 

だから私は、中古住宅やリノベや自転車修理やらに興味があるんですね。

 

自分との対話から、どんどん見つかってきます。面白いですね。また対話をしてブログネタを探します。