幸せなことだけをして生きていきたい

考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

SUPをやってみた

SUP 

スタンドアップパドル・サーフィン - Wikipedia

というウオータースポーツを初めてやってみました。

 

こういう初ものは、可能な限りやることにしています。いつまでもしなやかな心を持っていたいからです。音楽もできるだけ知らないジャンルのものを聴いたりしています。

 

でSUPなんですけど、

最初の印象はサーフィンの体力いらないバージョンだと思っていたのですが、意外なことに、それなりに体力を要するものでした。

 

サーフィンは立つのに時間がかかりますが、SUPはボードがかなり大きいので、すぐに立てます。漕ぎ始めるとボードがさらに安定するので、まずコケたりしません。ただ小さく曲がる時は後傾する必要があるので、そうすると途端にボードが不安定になり、あっという間にコケてしまいます。コケるとサーフィンと同じで激しく体力を消耗します。

 

想像してたよりも、意外と面白かったですし、ダイナミックなスポーツでした。見た目とやった感じが全然違うのもこのスポーツの特徴かもしれません。

 

あとよかったのは、ショップの設備がすごくきれいでした。トイレや、更衣室、シャワーなどが汚れていると、テンションが下がり、もう二度と行きたくないと思ったりしますが、今回のショップはとてもよかったので、ぜひともまた行きたいと思います。

 

こういうことって、とても重要だと思います。スタッフに若い女性が多いのも感じがよかったですね。女性目線が効いてるのだと思います。

 

いろいろな気付きがあり、新しいことにチャレンジするのは大切だと思い直しました。さて次は何をしましょうか。