幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

私はレベル1、ちきりんさんはレベル3

またまた圧倒的な差を感じることがありました。

このブログです。

d.hatena.ne.jp

 

ちきりんさんは、私が最も尊敬しているブロガーの一人です。彼女のような考えた文章を書きたいと思ってます。

今回の記事は、誰もが経験していること(ファミレスに行って混んでいた)から、自分の頭の中で、それを咀嚼し、整理し、理解する。つまり考えるということが圧倒的です。

 

私もファミレスで待たされた経験があります。そして自分なりに考えています。

例えば、オペレーションに改善点はないのか。待っている人の不満を解消する方法はないのか。などは、それこそ私でなくても考えつくことです。

 

しかしちきりんさんは、「どうしてオペレーションがうまくいかないか。」から「店長以外のスタッフに早く客を案内するインセンティブがない。」ということを思いついています。

そしてさらにそこから、

このことが引き起こされる状況「アルバイト経営店がダメになっていくこと」

解決策「客も働く仕組み作り」

覚悟「日本はこのシステムを選んでいるのだから我慢しないといけない」

という3つの重要点を考え抜いています。

 

つまり私は世の中の多くの人と同様レベル1なのに対し、すでにちきりんさんはレベル3(もしかしたらそれ以上)に行ってしまってるということです。

 

そしても一つ強調しておきたいのは、すごく平易な言葉で、すごく難解なことを、すごく簡単なことのように、説明しきっていることです。

 

あらためて圧倒的な実力の差を見せつけられました。

全く同じ経験から、全く違う作品を作り出しています。

経験してきたもの、学習してきたものが違うのは承知の上です。それでもそれを目指しているものからすると、この人はなんと遠くまで行ってしまったのか。はたして追いつけるのだろうかと絶望的になります。

今回も愚痴ブログになってしまいました。ははは。