幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

強すぎる部署問題 一人負けしてしまうことがある

わが支社は年々売上が減少し赤字が続いており、いろんな対策が行われています。

次々と対策がとられ、現在実行中です。

 

ところがとある部署だけは、社内では非常に重要なのにも関わらず、何も言われていません。

 

理由は、いわゆる強面のメンバーが多くいるからです。

この部署の仕事であっても、周りからは仕事の依頼がしにくく、自部署で処理してしまうことがありました。

経営側からも物が言いにくい状態でした。

 

ところが第三者のコンサルが入って、問題点が明らかになり、この部署があげられました。

 

経営側も本気を出し、根回しを十分し、完全に外堀を埋めた状態で、先日の経営会議でこの部署に対する改善案が出されました。

「もっと仕事しろ」

と。

他社との比較など様々なデータが出てきて、万事休すとなってしまいました。

わが社の固有の問題などの言い訳をしていましたが、すでに他部署は敵対側に回ってしまっており、孤立無援となってしまいました。

強面メンバーは怒っていましたがどうしようもありません。

 

強すぎる部署は、経営を大きく左右するので重要なのですが、そのため孤立することが多く、問題が起こったときは一人負けしてしまうことがあることを学びました。