幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

老人住環境にビジネスチャンスあり

この記事、久しぶりにワクワクする話です。

 

老人の一人暮らしって、寂しそうなイメージですが、中には生き生きしている方もおられます。信念を持って行動している方です。

そういう生き方に憧れますし尊敬します。そんなふうになりたいと誰もが思っているでしょう。

 

この記事によると、

 

「お一人様の生活などしていません。日々忙しく、学会や講演会で飛び回っています。つまり、一人にさせてなんてもらえない生活をしているのです。」

 

「外出」がキーだということです。

 

しかし日本の老人住環境は、老人ホームや高住専であり、外出しにくいようになっています。

 

これを変える視点が必要ですね。

 

そもそも住宅のほとんどは老人向けに作られていません。

そもそもとして、ブロック塀(醜い)や、アルミサッシ(断熱性が低い)など、日本特有、ガラパゴス的なものも多いです。

老人向けのちょっとかっこいい住宅ってなかなかないですよね。

南欧風まで行かなくても、無印的なもので十分かっこいいと思うんです。

 

規制の多い分野ですが、規制改革が間違いなく始まる分野です。

 

それに備えて準備しておくことが大切ですね。