幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

「継続は力なり」って、ちょっと古い考え方だと思ってます。

イチロー選手は素振りを欠かしません。

 

でも「継続は力なり」って、ちょっと古い考え方だと思ってます。

 

この本にあるように、何かを成し遂げるためには継続しないといけないけれど。

天才!  成功する人々の法則

天才! 成功する人々の法則

 

 

 そこに何らかの工夫がないとだめ。漫然と継続しているだけではだめだと思います。

成功者は1万時間以上を費やしていますが、1万時間以上を費やした人が成功するとは限りません。

 

当たり前の話ですよね。

 

私の子供は十年以上ピアノ教室に通っているのですが、普段はいやいや教室に通っている。真剣に練習するのは年一度のピアノ発表会直前のみ。その発表会も内輪の会で、特に評価されるわけでもない。しかし周りの大人達から「こんなに続いてるってすごいね。」などと褒めてもらってます。

 

私からすれば、継続することが素晴らしいと勘違いしてしまうのではないか。逆に害があるのではないか。と思ってしまいます。

 

適切なフィードバックと、それを改善することが必要だと思う。

 

私も毎日、練習を続けていることがあります。

その一方で、漫然と継続することの恐ろしさを知っているからこそ、自己評価し、日々練習方法に改善できる点がないかと考えています。

 

おかげで、十年前とは練習方法は全然違うものになりました。時間もだいぶ長くなりました。上達に応じた練習方法があることにも気が付きました。そしてまだまだ改善の余地がありますね。

 

漫然とやっているときはほとんど成長しませんが、創意工夫を重ねることで進化、深化しています。