幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

のんきと見える人々も、 心の底を叩いてみると、 どこか悲しい音がする。 夏目漱石 「我輩は猫である」

同じ支店で違う部署で働いている、もう20年以上前からの知り合いA君がいます。

年代が近いこともあり、独身時代はよく飯を食いに行ったりした仲です。

 

現在のA君の部署Bは、非常に忙しいのですが、残業や休日出勤がほとんどない部署なので、彼はFacebookに、毎日のリア充生活、お菓子作りや家族サービスをアップしており、羨ましいやつだなぁ。と思っていました。あまりに投稿が多いので、投稿を見えなく設定していました。

 

ところが、先日、他支店の部署Bで働きはじめた人と会食したときに、部署Bって大変なんだぜ。と言われました。ストレスが多く、精神的にすり減ってしまって、燃え尽きてしまう人も多いと聞きました。今度、部署Bで長く働いているA君に話が聞きたい。とまで言ってました。

 

私は支店内のいろんな所と交流があり、様々な人と話す機会も多いので、支店内の事情みたいなものは、ほぼ把握できていると思っていました。しかも私は部署Bによく顔を出しているし、A君は私の長年の知り合いです。

 

でも私はわかっていませんでした。

わかっていたつもりだったのですが、実は全然わかっていませんでした。

 

久しぶりに自分の想像力の拙さに絶望しています。

 

そうして考えると、A君がFacebookに投稿を繰り返している気持ちが理解できます。

そうしないと心が折れてしまうのでしょう。

 

華やかな投稿の裏の、厳しい現実が垣間見えてしまいました。

 

隣の芝は青い。とはよく言ったものです。