幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

困った人々1 こんなにしてあげたんだから察してオバケ

ずんずんさんのブログです。

zunzun428blog.hatenablog.com

 

 こういう人、多いですね。私の周りにもいます。

仕事がチームプレイなので、積極的にスタッフに感謝を伝えているつもりです。それでも抜けるときがあります。けど感謝してないわけでもないのです。

チームのためにありがとう。という気持ちはあります。

 

でも中には、ただのおせっかいになっている人もいます。

そこじゃないんだけどな。と思いつつ、

「私はあなたのためにこんなに尽くしているのに、あなたは感謝の一つもしない。」

って。そんなことお願いしたことないんですけど。。。

「察してよ。」

って。。。

 

エスパーかよ。

(ずんずんさんブログより引用)

 

すんすんさんによると人類の悩みの98%が、こんなにしてあげたんだから察してオバケのせいだそうです。

。。。そんなに多くないと思うけどな。。。

 

私は、確かに普通の人よりもボーっとしているかもしれません。だからさらに腹が立つのでしょうけど。それなら言ってくれよー。

 

最近、あったパターンは、

「いつ察してくれるのかと思って、黙って見てましたけど、全然、気が付かない。もう我慢ならない。」

って。。。あなたは、いつから私の人生の指導教官に就任されたのですか。聞いてなかったのですが。

やっぱ98%です。いや100 %!!!

 

このオバケの恐ろしいところは、気が付かないうちに自分の中で大きくなっていて、人間関係を破壊することです。これでなくなってしまった関係は多いです。

 

こうならないためには、自分の中のオバケに気がつくこと。うまく飼いならすこと。が必要です。

 

そう自分はカマッテチャンなんだと自覚することですね。そうすれば、身近な人に、甘えて、構ってもらえるので、オバケが大きくなりません。

 

私もどんどん甘え、かまってもらい、オバケをうまく飼いならそうと思います。