幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

人当たりが悪いのを、どうにかしないといけない。

私は人当たりが非常に悪いです。

 

赤の他人、お客様などには、もちろん愛想よくしています。

 

一方で、特に身内、会社の同僚、部下には常にプロ意識を持ってもらいたいと思っているので、ついつい厳しく接してしまいます。

 

バカにはバカと言ってしまうし、もちろん態度にも出ます。

しかしこれではダメなんだろうなと思います。

 

基本的にミスは許容しますが、何度も同じミスを繰り返したり、考えが浅くてミスした場合は厳しくなってしまいます。

 

先日、取引先から私のところへ、直接、担当者を変えてほしいとの要望が来ました。

ミスが多いし、言っても治らないとのことでした。

薄々感じてはいたのですが、任せることで責任が出てくるだろう。という楽観的な思い込みがありました。

 

もともとは非常に優秀なやつなのですが、コミュニケーション能力が悲しいほど乏しく、決まりきったことはできるのですが、常に可もなく不可もなくといった感じで、その上に到達できません。

 

同じミスを繰り返し、私が注意した後は、非常に反省した様子になりました。少し仕事ぶりも改善しましたが、ただでさえ会話が少ないのに、ほとんど話さなくなりました。

 

今回は、取引先からのクレームなので、放置ができません。

 

私もそのころは、それぐらいの働きだったのかもしれません。

お互いに成長している?ので、その成長がわかるだけに、その様子が気になるのかもしれません。

 

会社生活において私は優秀な部下に恵まれてきたので、こんなふうに部下のことで悩むことはありませんでした。

どちらかというと助けてもらうほうが多かったと思います。

私は仕事を分け与えて、それを評価するだけでよかったのです。

 

一般的に言われている通り、人を変えるには自分が変わるしかないのだと思います。

とりあえず部下に厳しくすることを止めようと思います。

 

このチームもあと1ヶ月半で終了です。

最後の最後で空中分解寸前になってきました。