幸せなことだけをして生きていきたい

考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

1人の時間の大切さ

1人の時間の大切さ。

ぼーっとするのは大切。

モリーの整理。

余白が何かを産む。

 


一人になれる時間は非常に貴重だと信じています。


今までないがしろにしてきました。

そんな物必要無いと思っていました。

 

でも家族ができて、仕事が忙しくなり、日々の雑用に巻き込まれていると、そういう余白がなくなり、心がどんどんささくれだつようになりました。

 


余裕がなくなると、全てが腹立たしくなり、こっちは寝ていないんだ。とどこかの不祥事を起こした会社社長と同じことを言ってしまうようになりました。


私には一人になる部屋はありません。


私の尊敬する人に、ワーママはる さん Twitter(@wa_mamaharu)

voicy.jp

 

というひとがいるのですが、彼女は、一人になる時間、ボーっとする時間は大切だと言ってました。


なので、先週末は意識的に一人になってみました。


そしてブログ記事を数本書けました。

 

しかも幾分、内省的な内容で。

PVを稼ぐというよりも、まさに、私の目的としている「12歳の自分に向かって」書けた記事のように思います。

 

書いたあとは、すっきりした気分になり、一人の時間は大切だなと改めて思いました。

音声入力できればさらに効率が上がると思うのですが、様々な制約によりできていません。

 

やっぱり一人になれる部屋がほしいなー。