幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

不動産価格は下がっているの?

ツイッターで下記の記事を見て、反応してしまいました。

 

 

気になって、自宅周辺の価格を調べてみました。

 

私の地域は、典型的地方都市郊外で、20~30年ほど前に宅地開発された住宅地です。比較的人口は多い方です。郊外なので交通機関は良くも悪くもない感じです。家賃はそこそこ高いので人気だと思います。

数年前に越してきたときには、空き家はかなり少ない印象でした。

 

ところが今日調べてみると、公営住宅では空き家が3倍くらいに増えていました。

家賃はそこまで下がっていません。

売り物件数もそんなに変化はなさそうですが、中古物件の価格はここ二年で1割減という感じでしょうか。以前はほとんど変化がなかったように思います。予想より減っている印象です。

新築マンションが数ヶ月前に立ちましたが、空き家が多いようです。

今までは、どんどん周辺に宅地が広がっていましたが、今は新たな開発はなくなっています。

 

いろいろ考えられると思います。

 

まず日本の人口自体の減少ですね。

それから繁栄と衰退地域の二極化。中途半端な郊外ということで、どうやら負け組のようですね。中心地に流れているのでしょうか。

交通の便などを考えると、必要以上に高く評価されていたのが、落ち着いてきたのかもしれません。

 

今後、急速にゴーストタウン化していくのでしょうか。高度経済成長時期のニュータウンが30~40年後、ゴースト化しているのと同じように。

 

これまた、終わりの始まり。かもしれません。