幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

PayPayのシステム障害って、広告戦略の一部では?

このニュースでPayPayを知りました。

 

散々、キャッシュレスについて書いているのに、世間知らずですみません。

 

世の中のことに疎い私がPayPayを知るきっかけは、コンビニカウンターのお知らせ「PayPay使えません」でした。

PayPayって、そんなに有名なものなの?!って思いました。

 

おそらく私と同じような人は多いと思います。

 

逆に言えば、この広告戦略

還元キャンペーンをして耳目を集め、軽くシステム障害を起こして、TV、ネットニュースで流してもらい、全国のコンビニカウンターにお知らせを出してもらう。

というのは、倫理的な面を考えないのなら、コスパがすばらしくいい。と思います。私が社長なら、この宣伝部長にボーナスをあげると思います。

 

ZOZOの前澤さんがバスキアを買うとか、宇宙旅行するとか、楽天イニエスタ、ビジャを獲得するのも、似た戦略ですね。

いろんな意見がありますが、これらがもたらす経済効果は、コストに見合うものだと、私は思います。

こういうお金の使いかたが、一番かっこいいですね。

 

今回のPayPayの方法は、前澤さんの方法に似ていますが、狙っていたとしたら、やはり倫理的に問題があるように思います。良心の問題ですね。

 

本当に狙っていたかどうかは私にはわかりません。

しかし広告戦略としたらあまりにも完璧すぎて、狙ってないと考えにくいほどです。

 

私は性格がひねくれているので、ついついそのように考えてしまいます。

もう少し素直にならないといけませんね。