幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

有吉さんは適応障害ではないのかもしれませんが、適応障害的な特徴をどう使っていくのかがポイントです。

 この記事を読んで下の本を読んでみました。
toyokeizai.net

発達障害的な症状のある人にはすごくおすすめですよ。

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

 

どうやって症状と付き合っていくかが解りやすく書いてあります。

 

ふと思ったのですが、こんな人、周りにいっぱいいる気がしてきました。遅刻を繰り返してる人とか、言ったことをできない人だとか。

 

発達障害はいろいろだとは思うのですが、私の場合、頑張りすぎる。真面目すぎる。というようなすぎるがポイントなのかもしれません。だから、「休みをタスク化してしまう」っていうのはすごくいいです。真面目なので必ず休みますし、疲れも取れるという理にかなったハックです。1週間に一日は必ずダラダラする日を作りました。

 

私も人を覚えられないのですが、私は野球選手と同じ名前で印象づけるというのをやってました。例えばマツダさんなら、ソフトバンク熱男。って感じです。

あだ名つけハックに似ています。そういえばあだ名つけの上手な有吉さんも適応障害的なのかもしれませんね。

 

有吉さんは適応障害ではないのかもしれませんが、その適応障害的な特徴をどう使っていくのかはポイントですよね。実際、有吉さんはこれでブレイクしたわけですし。