幸せなことだけをして生きていきたい

考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。「失敗は怖くないんだよ。と。たくさん失敗したほうがいいんだよ。と。」

難聴はトレーニングで改善するのか?

先日、友人から質問を受けました。

「難聴はトレーニングで改善するのか?」

 

早速、知り合いの医師に聞いてきました。

 

難聴は耳の中の聴覚細胞(受信機)が死滅していくために起こる。

だから大きな音を聞き続けていた人は、聴覚細胞がストレスで多く死ぬので、早く難聴になりやすい。

でも死んでいく速さは個人差が強いので、大きな音を聞いている人がかならず難聴になるわけではない。

モスキート音が聞こえなくなるのは、細胞が死んでいるせい。高い音に反応する細胞から死んでいく。

だから難聴の人は高い音が聞こえない。若い女性の声が苦手。

 

一方で脳の聴覚部分(聴覚細胞で受信した音を処理する部位)は鍛えれば良くなる。

大人になってから視力を失うと、聴覚が発達する。

普通の人が聞けない音を聞くことができたり、話し声を4倍速にしても聞き分けることができる人がいる。

 

なるほど。よくわかりました。

 

いわゆる難聴は治らないけど、大きな音を避けたりすることで進行を遅らせることは可能。

脳の聴覚部分は鍛えることができるけど、具体的なトレーニング方法は不明。

 

目隠しをするなんていいのかもね。