幸せなことだけをして生きていきたい

社会派ブロガー 。ランナー。考えたこと、学んだことの中から「12歳の時の私」に知っておいてほしいコトを書いています。

投票結果が極端だったのはどうしてなんだろう?

沖縄県民投票結果は極端なものでした。

基地反対派にとっても予想外の大勝利だったのではないでしょうか?

 

外から見る日本ブログでもこの問題に言及されています。

blog.livedoor.jp

 

私はこの件に関しては中立です。

県外が望ましいとは思いますが、他に選択肢がない以上、仕方がないなと思ってます。

つまり賛成でも反対でもありません。

 

今までの報道によりますと、基地問題について賛成反対が拮抗していたはずです。

 

それなのに、どうしてこんなに極端な結果になったのでしょうか。

突然、反対派が急増したのでしょうか。

 

まず前提条件として、実質的に投票結果が、何かの効力を発揮しないとされていたことです。

 

民意は示せるとは思います。しかし反対派が圧勝したからと言って、実質的に工事が中止されるとかの行動には影響がないと分かっていたということです。

反対投票することによって、環境破壊に反対できます。反対の声を全国に届けることができます。

賛成投票することにインセンティブが働きにくくなっています。

 

これが、

じゃ反対するとしたら基地はどうすべきでしょうか?普天間がこのままでいいのか?県内だったらどこなら許容します?家の隣でもいいですか?県外としたら具体的にはどこ?そもそも米軍いらない?いらないとしたら代替案は?

ということまで掘り下げたならば、人によって解答はかなり違ってくると思います。

 

それは偉い人が考えることだ。と思考停止になるのは、沖縄が日本国民から無視されている。ということの表裏ですね。

 

 

 

もう一つ、私が考えたことは、基地はないほうがいいに決まっているということです。誰だって、自分の家の近くに基地があるのは嫌です。つまり選べるとしたら、誰でも反対します。

 

今回は辺野古建設に反対か?ということでしたが、これが普天間がこのままでいいのか?ということなら、かなり雰囲気は変わりますね。

 

以前、私は投票が感情的になりやすいことを書いたことがあります。

yoshimor.hatenadiary.jp

 

こうして考えると、鳩山さんって罪深い人ですね。悪い人ではないのだけど、悪意のない浅はかな理想主義者が最も質が悪い。の典型例ですね。

今にして考えると、あれは一体、何だったのか?と思わずにはいれません。

 

基地問題は考えれば考える程、難しい問題ですね。

 

こうやって考えていくことが最も大切なことかもしれません。